ウォッシュチーズ

アフィネ・オ・シャンパーニュ・ロゼ

アフィネ・オ・シャンパーニュ・ロゼ

かわいらしいピンク色に魅かれて思い切って買ってみました。

贅沢に「ロゼ」で洗ってらるらしいのですが・・・

実は、ロゼ風のピンク色はコチニール色素を使用。

※コチニール色素とは、カイガラムシから取った天然色素

Rimg0787

丸いケースから取出したその全貌↓

Rimg0809_2

縁のところがぷっくりとしわが寄ってて美味しそう・・・

Rimg0819

まわりはトロトロしてるけど、内側はまだまだ熟成途中で固い。

芯がだいぶあり、酸味もけっこう残ってました。

でも、割と食べやすいウォッシュの部類になるのかな?

トロトロ系になるらしいのですが、それほどクセはなさそうです。

Rimg0834_2

| | コメント (0)

ヴァルタレッジョ・アル・タルトゥーフォ

ヴァルタレッジョ・アル・タルトゥーフォ  タレッジョにトリュフを混ぜたイタリアのチーズ

比較的食べやすいウォッシュなので、トリュフが負けてなくて良かったです。

ただ、個人的には、白カビにサンドされてたり、またはミルク感濃いハードタイプとの相性を比べると、やはり、あえてトリュフを匂いのするウォッシュに混ぜる必要もないのかなぁ??などとも思いました。(^^;

これはこれで美味しいとは思いますが、好みが分かれるところですかね?

      P1020695_1280x960

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラン・カルヴァ

グラン・カルヴァ  リヴァロを香り高いカルヴァドスで洗い、熟成させたフランスのチーズ。(グランドルジュ社)

※正式名称は「グランドルジュ・アフィネ・オ・カルヴァドス

リヴァロは、ウォッシュの中でもけっこう癖があるタイプですが、どうでしょう?

Rimg0329_350x263 Rimg0330_350x263

まだそんなに熟成が進んでないみたいで、カットするとプリッとしていてとても食べやすい感じに仕上がっています。

これまたカルヴァドスの風味はそれほど残ってないようではありますが、もともとのリヴァロのしっかりとした風味も合わさり、なかなか美味しく頂けました。

Rimg0332_350x263 Rimg0339_350x263

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウメ / チーズ工房小栗(北海道)

ウメ / チーズ工房小栗(北海道)

梅酒で洗い熟成させた珍しいチーズです。

梅酒で・・というのはあまり聞いたことなかったので楽しみにしていました。

Rimg1001 Rimg1021

小ぶりでコロンとした見た目と同様に、味も可愛く癖がない感じ。^^

ウォッシュとしてはかなりおとなしいタイプになると思いますが、とてもマイルドで美味しかったです。

ただ、梅酒で洗ったという割には梅酒の香りが全然しなかったです。。

            Rimg1020

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マニゴディーン

マニゴディーン  フランスの「マニゴ」という地名から。ウォッシュチーズです。

夏のモンドールと言われていますが、まだあまりメジャーではないようですね。

外皮がエピセアで巻かれているのもモンドールそっくり。

トロリとした食感も似ていますが、味がけっこう違いますね~。

夏用だから?すごく、たんぱくなお味です。個人的にはモンドールの方が美味しいかも。。。。

              Photo_14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポンレヴェック・オー・カルヴァドス/ ユーロアール

ポンレヴェック・オー・カルヴァドス/ ユーロアール

カルヴァドスで3週間洗ったスペシャルなチーズ。

薄さが若干気にはなりますが、中身はトロリとしていてかつ、ウォッシュ特有のクセは残ってますが、わりと、カドがとれたおだやかな味。

カルヴァドスの風味がすごく染み込んでいて、とても美味しいです。^^

Photo Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンステール・オー・ドゥ・ヴィエ

マンステール・オー・ドゥ・ヴィエ マンステールをチーズショップ「ユーロアール」さんのブレンド酒で洗ったオリジナルな一品。

美味しいです。ラングルも美味しかったけどこちらもなかなかのお味!^^

ほんのりとした苦みがまた後を引きます。

もちろん、酒との相性もばっちりです♪

        Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆのか /うらけん・湯布院チーズ工房

ゆのか /うらけん・湯布院チーズ工房

大分県にある有名なチーズ工房のチーズ。JALの国際線機内食でも登場しています。

さて、「ゆのか」は、笹の葉で巻かれ、塩水で洗ったウォッシュチーズ。

封を切ったときは、結構強めに香りますが、まぁ、他の強めのウォッシュに比べたら普通な方かな。。。

周りもとろとろに溶けていて、いい感じです。なめらかでとても美味しいです。^^

ミルクの風味っていうよりも、なんだか和風な(?)特徴あるお味。これも笹の葉の影響でしょうか??

店頭のスタッフさんのおっしゃる通り日本酒にもよく合って美味しいです。(^^♪

 

        Rimg0545_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラングル・オー・コアントロー/ ユーロアール

ラングル・オー・コアントロー/ ユーロアール

ラングルをコアントローで洗ったユーロアールさんオリジナルチーズ。^^

かな~り美味しいチーズです。すっかり気に入ってしまいました。

熟成加減も芯まで軟らかく、かつ、コアントローの風味もばっちり中までしみこんでいて、ほんのりとした甘さを感じます。

後を引く美味しさで、まさに私好みです。^^ また食べたいです♪(^^)

Rimg0407_3 Rimg0418_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エポワス 2.

エポワス 2. 大好きなエポワス。。。^^

クリスチャン・ジャニエ氏熟成のエポワスを購入してみました。

購入当初は色が白っぽかったのですが、冷蔵庫にしばらく入れていたら、全体的にだんだんオレンジっぽくなってきました。。

               ん~♪良い感じ。。^^

    フチの部分のくしゃっとしたところとか、見た目も美味しそう!(^○^)

        Rimg0040

完熟じゃないけど、けっこう中心部分がぐらぐらとしていて、そろそろ箱から出すのが大変になる手前な感じでした。

いつも食べてるベルトーのエポワスに比べると甘みが少ないような気がしましたが、味に角がなく、とってもミルキー!

すごく美味しいチーズでした。(^^)

よく、有名熟成士が熟成させたエポワスなど、とても個性的で強い印象の物が多いって聞きますがどうなんでしょうね?

もちろん、人それぞれの好みもあるとは思いますが、

今回のエポワスは、味は強いんだけど、強いだけじゃなく、ミルクの旨みや優しさを感じる・・・

そうですね、、寒い冬に、ぐ~っと体に染み渡るような熱燗のウマさみたいな・・・(←熱燗っていいよね・・・^^)そんな美味しさでした。

以下、自己満足のためのチーズ変化写真です。。。^^

カット直後から食べるまでの変化。。。。

       Rimg0186

                   ↓

ゆっくりと、とろけかけた断面を見るのもまた楽し・・・・^^

       Rimg0200

んで、小さくカット。。。。

       Rimg0155

しばらく置いてみると、どんどんやわらかくなって、とろっとろに溶け出してきました。

       Rimg0164

ん~。。全部、流れ出そう。。このとろけ加減がまたイイ。。

       Rimg0173

ほんと、美味しかったです。1年の締めくくりにふさわしいチーズでした。♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)