文化・芸術

菅野美術館

  菅野美術館 宮城県塩釜市 

前から行ってみたいと思っていまして、やっとこさ行ってきました。

なかなかめんどくさそうな場所だったので躊躇してましたが、行ってみるとそれほど複雑な場所ではなかったです。

最寄り駅は塩釜駅

P1030264_20191208202001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それほど小さな駅ではなく、駅前には一応、ロータリーがあり、タクシーも待機していました。

P1030263

 

 

 

 

 

 

 

 

ロータリーを抜けて大通りを左折してしばらく歩いて行きます。

P1030238

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030240

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく歩くと正面の角のおうちに菅野美術館の看板が出てるので、そこを左折します。

P1030241

 

 

 

 

 

 

 

 

少し坂道になっていますが、それほど大変な坂ではありません。

ここから住宅地に入っていきます。

P1030243

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく歩いていると右の駐車場に看板が出てるので右折します。

P1030244

 

 

 

 

 

 

 

 

まっすぐ歩いているとまた正面のお宅に看板が出てるので左折。

P1030247

 

 

 

 

 

 

 

 

またまた少し歩いていると看板が出てくるのでそこを左折

看板はここでおしまいですがもうすぐです。

P1030248

 

 

 

 

 

 

 

 

このハイツのすぐ先にあります。

P1030249

 

 

 

 

 

 

 

 

はい!到着です!

ちょっとお天気が曇ってきちゃったのであまり建物が映えませんが。(^^;

P1030251_20191208205301

 

 

 

 

 

 

 

 

ここが入口のようです。一応、車は2台くらい止められる感じですね。

P1030255

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030256

 

 

 

 

 

 

 

 

館内は白で統一されていました。撮影ができるのはここまでですが、

特に展覧会等の時期ではなかったので、お客さんも誰もいなくて、

なんとも不思議な空間でしたね。

とても小さい美術館でした。

P1030259_20191208205101

 

 

 

 

 

 

 

 

  P1030258_20191208205101

 

 

| | コメント (0)

ぎふメディアコスモス

ぎふメディアコスモスに行ってきました。

岐阜駅からバスに乗って行きます。

正式名称は「みんなの森 ぎふメディアコスモス」というらしい。

まだ建築後3年しか建っていないので、とても綺麗です。

P1030654_2

P1030704_2


P1030706


P1030696

P1030705

P1030658


図書館や市民センター、展示場などが一緒の屋根の下にある広くて大きな建物です。

P1030660

椅子もお洒落なカラーで揃えていました。あまり今までの公的施設では見かけないような雰囲気です。^^

写真には写ってませんが、右側には大勢の人がテーブルについています。

P1030694

色々なスペースや小部屋が設けられており、館内には、ローソンやスタバもあるので、何時間でもいられそうな感じです。

お部屋の目印もお洒落でデザイン性が高いものなっています。

P1030695

P1030692

天井も高く、とにかく広い!

P1030701

吹き抜けの階段&エスカレーターで、2階は図書館です。

P1030691

隣がエレベーターです。

P1030663

P1030689

素敵なホール♪

P1030667

そして、ぎふメディアコスモスで、一番特徴的なのは、なんといっても、この図書館フロア全体に点在する『グローブ』という、”カサ”またはシェード!

このグローブは、木製格子屋根と合わさって省エネ効果を出しているらしいです。詳しいことはぎふメディアコスモスのHP で見てください。

P1030682

このグローブの下が各ブースになっている感じです。

P1030680

全体的に丸みを帯びたやさしいカフェのような空間♪

P1030668


P1030674


P1030675


P1030678

こんな素敵な図書館なら毎週来たいくらいですね。

1階の市民センターと合わせて、きっと仕事も勉強もはかどるような気がする~。(^^)/

P1030672


P1030683

広いフロアの案内図もお洒落。


P1030687

グローブの柄も大きさも全部違うようです。すごいね。


P1030688_2

P1030684

↓これ、子供が喜びそうですね。^^

川船型読書スペースで、靴のまま入れるそうですが、、

大人が入って読書してたらちょっと面白いかも。。。(笑)

というか、、、恥ずかしくて入れない。。(^^;

P1030686

日が暮れてきても、素敵な雰囲気を醸し出す素敵な施設でした。

P1030702

ちなみに、ぎふメディアコスモス内を撮影するには許可が要るので要注意。。。。総合案内所で受付しました。

さて、一段落したところで、今日は大垣のホテルに宿泊です。

クインテッサ大垣で、駅から5分位かな。コンビニは歩いて3分位のところにローソンがあるので、まぁ夜でも困らなかったです。

お部屋はシングルですがベッドはダブルなので、結構ラクチンに過ごせました。

P1030718

P1030722


P1030724

P1030713 P1030709

P1030710 P1030712

パジャマですが、ズボン無しのロングのタイプ。

        P1030726

お水とアメニティセットは女性限定だそうです。

P1030727 P1030730_3

部屋などは思ってたほど狭くなくてよかったのですが、空調のスイッチがすごい古いタイプで、パカッて、半分壊れかかってました。というか、、壊れていた。(^^;

寒かったら消す、暑かったらつけるという感じのスイッチですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

養老の旅2.養老天命反転地

養老の旅2.養老天命反転地に行ってきました。

本当は駅前からタクシーで養老の滝まで行ってそれから養老天命反転地に行く予定だったのですが、案の定、タクシーが常駐しておらず、乗れませんでした。(^_^;)

一応、タクシー乗り場のタクシー会社へ連絡したのですが、すでに予約で埋まっていたようで、、仕方ないので、だいぶ先の時間で予約しました。

駅から確実に乗りたい場合は、あらかじめ予約するのがベターのようです。

あるいは土日に来て、養老公園までのシャトルバスに乗るとか・・・

きっと、小さな町だからタクシーの台数が少ないのでしょう。。。

P1030864

駅前の左側に看板が出てるので、とりあえず間違えずに行かれます。

が、けっこう坂道なので、地味~にしんどい。(^_^;)

よくよく考えれば山に向かってるのだから当然と言えば当然なのか・・・

そして、誰も歩いてないという・・・^^;

P1030734_2

少し歩いて行くとこのような看板が。

P1030735

さらに歩いて行くと、このような看板が。

P1030736

P1030737

「こどもの国」まで、私の足で駅からちょうど6分程度です。

P1030738

養老天命反転地は、「こどもの国」から徒歩4分程度。

歩いて行くと、途中の看板が一部わかりずらく、もっと先まで歩くのかしら??と思ったのですが、左手に養老天命反転地の建物が見えていたので、そこで左折しましたが、こちらで正解だったようです。


P1030739

で、チケット売り場&事務所に到着。事務所の隣が靴・ヘルメットレンタル&ミュージアムショップになってますが、お土産になるようなものは特になし。

養老天命反転地グッズが多少ありました。

ちなみに、チケット売り場からも自分でタクシーを呼べます。

P1030810 P1030809

もちろん入口にコインロッカーも完備。

P1030813

では、ここから出発!ちょっと早足でスタート。

P1030740

まず見えてきたのが、ピンク色の養老天命反転地記念館で、トイレもこの中にありました。

横から見るとけっこうカラフルなんだな。。と。。

P1030793

P1030795

P1030796_2

中は迷路のようになっていて天井も同じ迷路のようなものが。。


P1030799

P1030801


P1030802


P1030803

トイレはここしかないので、使用しましたが、狭くて使い心地はいまいち。。

P1030808

P1030807

P1030806

・次は、『極限で似るものの家』という作品。

ヤングな女子チームが楽しそうに写真を撮ってました。(^^)

インスタにUPするのでしょう。きっと。。

P1030741


P1030781


P1030782


P1030783


P1030784


P1030786


P1030787


P1030788


P1030790

たぶん、色々と意味があるのだろうけど、正直、よくわかりませんでした。(^_^;)

・不死門

P1030792

・精緻の棟。。。

ここから先が真上から見ると日本地図になっている、すり鉢状のゾーンになります。

P1030778

・楕円形のフィールド

なんかミニチュアセットみたいで可愛い風景です。

P1030765_2

P1030774


P1030743

道なのか道でないのかわからないので、少し危ない足場もありますので、滑らない靴は必須だと思われます。

用心して歩いていれば問題ないと思われますが、友達とふざけあってたりすると足を踏み外して落下する危険もあり。(^_^;)

P1030748


P1030751

そう、↓こういう箇所も多く、転げ落ちる危険もあるので、幼児はヘルメットがあった方が良いかもね。


P1030758

低そうに見えるけど、実はけっこうな高さから眺めています。

ここに上がるにも、階段はなく、斜面を登るのだから、何かと体力を使いました。

ただ、軍手などは必要なかったです。まぁ、私(中年女)が普通のスニーカーで登れる程度の斜面です。

P1030760

P1030744




P1030767

おっ。どんどん細くなっていくぞ!

P1030768

あら。これ以上は無理だ。。

P1030769


P1030770


P1030771

P1030772

この辺も色々と見てみたのですが、蜘蛛の巣が多くて、、(・_・;)


P1030773

・宿命の家

P1030775


P1030776


P1030777

感想)

養老天命反転地の全施設は、大人が早足で見れば、30分~40分あれば、一周できますが、なんせアップダウンが多いので、その辺は人によるのかなと。。

早足だったので作品の一つ一つの意味を考えることなくサッサと見終えてしまいましたが、施設自体は悪くはないし、面白いアイデアだとは思いました。

が、惜しいことにメンテナンスが全然してないみたいで、全体的にかなり黒ずんでたり、砂や泥が付いたまんま&蜘蛛の巣も張り放題といった感じでした。

最近はインスタ映えとか、海外からの観光客も多いようなので、綺麗にすれば、だいぶ印象も違うのではないか?と思いました。

次は三鷹天命反転住宅に行こうと思っています。

ちなみに、荒川さんの作品のある奈義町現代美術館はこちら。。

さてさて、長年の目的を果たしたので、とりあえずは満足です。このまま養老の滝を目指します。タクシーで。(^_^;)

養老の旅3.養老の滝へ続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊田市生涯学習センター逢妻交流館

豊田市生涯学習センター逢妻交流館

地図で調べたら豊田市美術館から車で行かれる距離だったので、その足でGO~!

行ってよかったです。休館日でしたが、中まで入れました。

P1010707


P1010710


P1010713


P1010716


P1010717


P1010718


P1010721


P1010724


P1010728


P1010734

ん~。好きですね~。この空間。^^

ぽっかりと空いた真っ青な空も素敵。。

P1010732


P1010729


P1010738


P1010739


P1010743


P1010741


P1010746


P1010748

裏から見た感じ。


P1010708_4


とっても満足です。(^^)

妹島さんの作品のせいか、撮影する人が多いんですかね?

館内の人は撮らないで、という注意事項がありましたが、とても親切にしていただきました。

アンケートもしてるみたいで、どこから来たのかを聞かれました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊田市美術館

豊田市美術館

念願の豊田市美術館へ行ってきました。展覧会もあり、祝日&好天気ということもあり、大変な賑わいでした。

最寄り駅からは離れてますが、まぁ歩いても行ける距離かなぁ。。。

Dsc_0009_2


Dsc_0008


Dsc_0002



Dsc_0007


Dsc_0003

もう少し、建物や景色を撮りたかったのだけど、なんせ、人が多くて多くて・・・

      0918134620121_3

本当は、カフェにも入りたかったのですが、激混みで、ずいぶん待たされそうだったのでやめました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のんほいパーク 豊橋総合動植物公園へ

のんほいパーク 豊橋総合動植物公園へ行ってきた!(名前、長いな・・・💦)

ん~、豊橋に宿泊してたので、そのついでに寄ってきました!

事前に調べたところ、動物はそれほど期待するほどではないらしいけど、大きな温室があるようで、それを目的に行きました。

二川駅南口から徒歩で行けます。駅の前にはのどかな川の風景が広がっていました。

     Rimg0205_3

たぶん、ちびまるこちゃんの住んでるところってこんなところなのかなぁ・・・・

って思いながら、のんびり歩いて行きました。^^

     Rimg0204

二川駅南口からは正面の道路をひたすらまっすぐ歩く感じですね~。途中、動物たちの像があるのでわかりやすいです。

で、歩くこと約8分位かな~。。10分かからない程度の距離でした。

Rimg0202 Rimg0201_2

    Rimg0199_3  

    Rimg0200_3

    Rimg0108

こちらがトロピカル館の入り口です。

    Rimg0111

    Rimg0114_2

    Rimg0115_2

↓コレ、スコールの再現ミニブースで、雷がピカピカゴロゴロと鳴ってます。

Rimg0117 Rimg0118

そして、メインの大温室へ・・・

     Rimg0119

 Rimg0120_2

ここからの景色、ジャングルみたいで好きですね。。^^

 Rimg0153_2

 Rimg0131_5

 Rimg0134

 Rimg0140

 Rimg0143

 Rimg0148

 Rimg0177

 Rimg0174_2

さて、トロピカル館を見終えたところで、次は動物園にでも・・・

Rimg0178_2 Rimg0179

この、のんほいパークはけっこうな広さがありますね。。すごく開放的ではありますが、なんだか歩きます。(^^; ←そんな長距離ではないのですが、都心の動物園なんかに比べると歩きますかね。。

しかも、その割には動物の種類も少ない。。。。一部工事中だし。。

とりあえず、キリンを・・・

    Rimg0184

歩くのがめんどくさくなってきたので、恐竜パーク?(←正しくは豊橋市自然史博物館)へと進む。。。

おや、なんか見えてきたぞ・・・

    Rimg0187

うわぁ、大変!恐竜が出たぁ~っ。(^^)/

    Rimg0189

    Rimg0192

↓青いキミは、ティラノ君?の割にはハデハデだけど、なんだろ?

このようにけっこうカラフルに彩られた恐竜たちがあちこちにあって、子供たちに大人気でした。(笑)

    Rimg0194

じゃ、そろそろ閉園の時間なのでぼちぼち帰るかな・・・

    Rimg0195

    Rimg0196

    Rimg0197

    Rimg0198

温室はそれほど大きくなかったのですが、お天気も良く、平日で人も少なく、ほのぼのとした公園でした。^^

さてさて、今日のお宿は豊橋駅直結の「ホテルアソシア豊橋」のツインルーム。

コンビニもあり、駅にも直結だし、お部屋も綺麗なので便利でした。

Rimg0206 Rimg0207

Rimg0208 Rimg0209

アメニティ類はほとんど置いてなくて、フロントで購入する形でした。

Rimg0211_2 Rimg0213_2

Rimg0214 Rimg0215

Rimg0212 Rimg0210

以上、ついでがてらに楽しんできたのんほいパークでした。。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感覚ミュージアム

感覚ミュージアム ☆彡

感覚ミュージアムとは、私たちが持っている「感覚」をテーマとする日本発のミュージアムです。←※HPより抜粋

場所は仙台駅からちょっと離れてるところ。

とりあえず、乗り換え1回で感覚ミュージアム最寄り駅「岩出山」へ。そこから徒歩8分ほどのところにある。。。

↓岩出山駅です。思いっきりローカルな駅で、なんとストーブが置いてありました。

Rimg1306 Rimg1308

こんな小さな駅だから駅員さんもおじいちゃん風で親切です。

ただ、おじいちゃん、ずいぶん訛っててよくわからなくて何度も聞き返してしまった。。。すいません。。。(^_^;)

駅前も何もありません。。。とりあえず、事前に調べた地図通りに歩いて行きます。

駅で降りる人はそこそこいる感じでした。降車直後は中学生くらいの若者が何人も歩いていましたが、感覚ミュージアム方面に行く人は誰一人いません。

おまけに行きも帰りも、街の人を見かけませんでした。(^^;

すれ違ったのは軽トラ一台だけ。(^_^;)

こんなところにわざわざ電車を乗り換えて観光に来る人、他にいないのでしょう。きっと。。

で、地図通りにしばらく歩いて行くと、幼稚園のような学校のようなものが見えてくるので、その隣です。

Rimg1283 Rimg1284

基本、感覚ミュージアムのエントランスホールの無料施設以外は撮影不可だそうで、それ以外のところを撮ってみました。

        Rimg1300

右写真の奥の突き当りのお部屋が後述する「1000の小箱の部屋」

Rimg1290 Rimg1302

        Rimg1285

他に誰もお客さんがいなかったので、係りの人がずっと案内してくれました。

最後は、ここを通ってエントラスホールに戻っておしまいです。

Rimg1287 Rimg1288

・1000の小箱

1000の小箱の引き出しがあり、その中に様々な作品が展示されています。

引き出しが多すぎて正直、奥の引き出しは全然見てこなかったです。

このまま誰の目にも触れない作品の方が実は多いのではないか?と。。。

引き出しというアイデアは良いかもしれませんが、引き出さなくてもパッと見れる方がたぶん、より多くの人見てもらえるような気もします。。。

Rimg1291 Rimg1294

こんな作品が↓ (笑)

Rimg1292 Rimg1293

お手洗いもなんだかトリックアートっぽい

          Rimg1305

・カフェ

1Fエントランスロビー入ってすぐのところにあります。

        Rimg1304_2

        Rimg1298

・感 想

わざわざ遠方からはるばるここへ来る価値があるかどうか、と聞かれたら微妙かもしれませんが、人によりけりでしょう。。。

つまり・・・

この手の作品や空間が好きかどうかってことが大事ですかね。。。

私はこんな不思議空間や美術館、体験ゾーンが好きなので、遠くても一度は自分の足で来てみたいと思う人なので、ここまでやって来ました。

ちなみに、子供はきっと喜んではしゃぐと思います。

展示作品が少ないので、お客さんが少ないと早く見え終えてしまいますし、このあたり一帯は食べるところも見るところも何もない土地です。

そのうえ、岩出山に止まる列車(陸羽東線)は天候により止まりやすい路線のようです。

実際、私が行ったときも帰りは雨の影響により、(←それほどの大雨ではないのに~)大幅遅延のため、予定の電車&新幹線に乗れませんでした。

京都の琵琶湖線も止まりやすいですが、それしきなのかな??

お天気の良い日に行かれることをお勧めします。あるいは車で。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MIHO(ミホ)ミュージアム

前から一度行ってみたかったMIHO(ミホ)ミュージアム

桃源郷をイメージ?してるそうで、この造りだと、山の中にしかできないのも納得。

展示物はあまり私の好きな範囲ではなかったのですが、建物などはなかなか素晴らしいです。

遠い割にはお客さんもだいぶ来ていました。アジア系の観光客の人もかなりいました。

さて、まず、ミホミュージアム出発地点は、レセプション棟からです。

そこから徒歩または電気自動車に乗り、美術館へと向かいます。

Rimg0892 Rimg0893

徒歩でもそれほど時間はかかりません。約500mで、徒歩8分程度。

電気自動車は10~15分間隔で運行されています。

春や秋なら、あたりの美しい木々の緑を楽しみながら歩ける距離です。

実際、歩いてる方もかなり大勢いました。

Rimg0894 Rimg0895

まるで宇宙空間のような非日常的な不思議な空間。

         Rimg0901

         Rimg0905

来た道、トンネルを振り返るとこんな感じ。

         Rimg0903

そして、だんだんと美術館が見えてきました。

         Rimg0907  

    Rimg0911_3  

トンネルを振り返るとこんな感じ↓

    Rimg0918_2    

Rimg0925_2_2 Rimg0953_2

美術館に入ってみるとすぐに幾何学模様のガラス屋根と松の木がお出迎えしてくれます。

    Rimg0926_2

    Rimg0929

    Rimg0933

       
        Rimg0931

        Rimg0934

・喫茶「Pine View」

Rimg0935 Rimg0938

天井も高くとても明るいカフェです。^^

窓際の席に案内して頂いたので眺めもよかったです。

Rimg0937 Rimg0949

Rimg0948 Rimg0947

こちらのカフェは、無農薬の食材を中心としたメニューが提供されています。

よくわからんけど、そもそもこの美術館自体がどこかの宗教団体の施設で、このような自然野菜を使って、色々と作ってるらしい。。

で、頼んだものはとりえあえず、サンドイッチ。

         Rimg0939

↓なんとかサラダって言ってたなぁ。。。(^^; 見た目よりも美味しかったです。

Rimg0945_2 Rimg0951

とりあえず、建物探訪、展示作品等一通り見終わり、腹ごなしもできたので、そろそろ・・・・

来た道、トンネルをくぐって帰ります。

Rimg0954 Rimg0956

これ、送迎用のバス乗り場、、、ピーク時は結構混んでるそうです。

         Rimg0962

以前から来てみたかった美術館なので、とりあえず目的は果たせたってところでしょうか。。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲への旅 3.古代出雲歴史博物館

出雲への旅 3.古代出雲歴史博物館

実は、1時間程度の時間調整で行ってきたのですが、思ってたよりも良くて、もっとゆっくりしたかったなぁって思いました。^^

建物も、なかなか綺麗な博物館です。

Rimg0080_350x263 Rimg0083_350x263

エントランスへのアプローチも緑がとても綺麗で、気分が良くなります。

Rimg0061_350x263 Rimg0062_350x263

Rimg0063_350x263 Rimg0064_350x263

Rimg0065_350x263 Rimg0066_350x263

      Rimg0067_350x263

・マルカフェ 出雲

古代出雲歴史博物館内にある、人気のカフェ。

空中歩廊の先に可愛いカフェ「マルカフェ」があります。ランチ時は混むらしいので、ちょっと早めの時間に行ってきました。♪

     Rimg0068_350x263

     Rimg0075_350x263_2

窓からの眺めも素敵。。。^^

Rimg0072_350x263 Rimg0069_350x263

カフェオレは、好きな絵柄を選べます。私は、「銅鐸」を選びました。富士山じゃありません。念のため。。(^^;

      Rimg0077_350x263

古代博物館なんて興味ないし、どうせ大したことないだろうと思ってたのですが、当時の出雲の人々の暮らしぶりや歴史、出雲大社の成り立ちなどが詳しく、なかなか興味深いものが多かったのです。

もし、また来る機会があったら、今度は時間をかけてゆっくりと見て回りたいと思いました。

出雲への旅 4.マリンタラソ出雲 へ続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢の島熱帯植物館

夢の島熱帯植物館

近いようでいて遠い・・・・新木場。(^-^;

夢の島熱帯植物館には、ず~っと昔から行ってみたいと思っていたのですが、千葉県からの帰り道、幕張→新木場だったら寄りやすいので、思い切って行ってきました。(^^

駅からすぐわかるところにあるかと思いきや、、看板はところどころ出ていたものの、何気にわかりずらく、新木場駅からけっこう歩きましたね。。。

暑くてたまらなかったです。

で、やっとドームが見えてきました。

Rimg1496_350x263_2 Rimg1525_640x480_400x300_3

う~ん。。念願の、夢の島熱帯植物館。とうとうやって来ました。

 

・大温室

コインロッカーもあるので、荷物を預けてから歩きました。

見上げてみるとけっこうスゴイですね。

      Rimg1500_640x480_400x300_3

Rimg1498_640x480_400x300_2 Rimg1499_640x480_400x300_3

よく写真に出てくる滝です。良い感じです。^^

    
     Rimg1497_640x480_400x300_2

滝の裏側が通路になっています。

     Rimg1505_640x480_400x300_2

Rimg1504_640x480_400x300_2 Rimg1503_640x480_400x300_2


     Rimg1512_640x480_400x300_2

     Rimg1510_640x480_400x300_2

こちらがイベントスペースのようです。

Rimg1514_640x480_400x300_2 Rimg1516_640x480_400x300_2

で、小腹がすいたので、喫茶室でランチの代わりにホットケーキを頼みました。

お昼時だったせいか、けっこう混んでました。窓側だとジャングルちっくな池の景色を楽しむことができます。

Rimg1522_640x480_400x300_2 Rimg1518_640x480_400x300_2

Rimg1520_640x480_400x300_2 Rimg1519_640x480_400x300_2

ドームが大きい割に、イベントスペースなどもあるので、鑑賞時間は思ってたよりも短く、多少物足りない気もしましたが・・・・・

長年の夢を一応は果たせたので、まぁヨシってところでしょうか。。。。(笑)

夢の島熱帯植物館でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)