« ヴァルタレッジョ・アル・タルトゥーフォ | トップページ | 中の坊 瑞苑 2.お部屋編 »

中の坊 瑞苑 1.到着編

中の坊 瑞苑 1.到着編

湯本坂から直接行けて、買い物にもバスに乗るのも便利なので、泊まってみました。

「金の湯」のそばにあり、湯本坂からホテル敷地内に入れるようになっています。

P1020162_2000x1500_2

↓こちらが湯本坂からの入り口。。。

っていうか、お庭や駐車場への裏口っていうのかな。。。

P1020855

むしろ正面玄関よりもこちらから出入りする人の方が多いようです。

P1020854

P1020853

P1020866

P1020869

湯本坂からの出入り口には、お庭やミニ稲荷??があったり、ちょっとした散策ができるようになっていました。

で、こちらが↓たぶん、本当の入り口だと思われます。何気に坂道に面してるので、大した距離じゃないけど、荷物が多いとそれなりにしんどい。。(^^;

P1020859


P1020860

さて、中の坊 瑞苑といえば、有馬では有数の高級旅館の部類でしょうか。。

お客さんはほとんど年配の人ばかりで、若者は全く見かけませんでした。

そーゆー私も年配ですが。。(*´v゚*)ゞ

0316125313513

0316125328228

が、、、チェックインの際、お客さんが多く、

ソファに案内されるのは早かったのですが、そうとう待たされました。(^^;

大型ホテルじゃないので、仕方がないとは思いますが、、、

ここで、一言「混んでるので時間がかかる」等、最初に言ってくれれば、待っている間の気分も少しは違ったのかな、と思いました。

私だけでなく、常連と思われるお客さんも待ちきれない感じで、隣で色々と言ってたり。。。。

話の行き違いがあったらしく引継ぎのスタッフが頭を下げてたり。。。。

ワカリマセン。。

・ラウンジ

この左奥にテーブルなどがあり、フリードリンクを頂けるようになっていました。

P1020870

P1020871

P1020872

・温 泉

さて、楽しみにしてた温泉です。

中の坊瑞苑の温泉は、金泉・銀泉、両方とものんびり楽しめるそうです。。

入口には、休憩所と合わせて枕を選べるところがあり、寝る前に自分にあった好きな枕を選べます。

これは良いですね!

P1020884

湯上りの休憩所

P1020878


P1020877

P1020876

そして、やっぱりフリードリンクと缶ビール!

風呂上りにはうれしいサービスですね。^^ 

P1020875


P1020880


P1020879

脱衣所は、広めにとってありますが、パウダールームは少な目かな。

でも、お客さんもそれほど多くはなかったし、夕飯の時間はかなり空いていたので、混雑することなく使えました。

P1020874

P1020873

一つ目の大浴場は仕切りアリです。

写ってませんが手前にもいくつかのカランがありました。

で、手前ではなく左奥の小さなお風呂が温泉になっています。

Dsc_0063

ちなみに、「爽泉」↓は、湯気がもうもうとして撮影しても真っ白になってしまったので、綺麗な写真は中の坊瑞苑のHPをご覧ください。。(^^;

こちらは、すぐお隣なので、タオル1枚のまま、どっちも行き来できるようになっています。

Dsc_0068

中の坊 瑞苑 2.へ続く。。

|

« ヴァルタレッジョ・アル・タルトゥーフォ | トップページ | 中の坊 瑞苑 2.お部屋編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中の坊 瑞苑 1.到着編:

« ヴァルタレッジョ・アル・タルトゥーフォ | トップページ | 中の坊 瑞苑 2.お部屋編 »