アフィネ・オ・シャンパーニュ・ロゼ

アフィネ・オ・シャンパーニュ・ロゼ

かわいらしいピンク色に魅かれて思い切って買ってみました。

贅沢に「ロゼ」で洗ってらるらしいのですが・・・

実は、ロゼ風のピンク色はコチニール色素を使用。

※コチニール色素とは、カイガラムシから取った天然色素

Rimg0787

丸いケースから取出したその全貌↓

Rimg0809_2

縁のところがぷっくりとしわが寄ってて美味しそう・・・

Rimg0819

まわりはトロトロしてるけど、内側はまだまだ熟成途中で固い。

芯がだいぶあり、酸味もけっこう残ってました。

でも、割と食べやすいウォッシュの部類になるのかな?

トロトロ系になるらしいのですが、それほどクセはなさそうです。

Rimg0834_2

| | コメント (0)

ホテルメトロポリタン仙台イースト プレミアツイン

ホテルメトロポリタン仙台イースト プレミアツインに泊まりました。

ツインのお部屋では上から3番目ランクのお部屋です。

でも、40㎡あるので、かなりゆったり&のびのびできて良いですね。

窓も大きく撮ってあるので、とても明るいお部屋です。

P1030424 

P1030425

P1030429

P1030435

 

P1030411_20200506202201

洗面台も広めです。

P1030413

P1030416

P1030421

お風呂場も広めで椅子もあります。^^

P1030420

P1030408

P1030410 

P1030409 

P1030426  

デスク周りはこんな感じかな。

P1030430 

P1030431 

P1030448 

こちらからの眺めも、電車がバッチリ見えます。

P1030444 

P1030446

仙台イーストは、新幹線出口からすぐ近くだし、駅ビル直結だから食事やお土産物もいつでも便利に行けました。

ドラッグストアもすぐそばにあり、薬もすぐ購入できました。

仙台に来た際には、またこちらにお世話になろうかと思っています。^^

 

 

| | コメント (0)

ホテルメトロポリタン仙台イースト ワイドシングル

ホテルメトロポリタン仙台イースト ワイドシングルに泊まりました。

仙台駅直結なのでラクチンだし、出来てまだ新しいのでとても綺麗です。

仙台駅自体が大きくないので、駅ビルもすぐでわかりやすいし、買い物もドラッグストアも食事もひとまとめにしてこなせるのでとても良かったです。

泊まってよかったです。

↓部屋から扉を見たところ・・・

P1030322

全体的に落ち着いた温かみのあるカラーでまとめられていますね。

P1030302

ベッドがワイドなので、全然狭く感じません。快適です!

P1030319

P1030321

クローゼットはこんな感じ。

P1030299

バスルームやその他水回りも快適です。

P1030290

P1030291

P1030293

バスタブも広いのでくつろげます。

P1030294 

P1030295

P1030296

P1030300

P1030326

デスクまわり

P1030305

P1030310

P1030315

夜景はこんな感じ。ホーム向こうのロフトが目の前です。電車も良く見えました。

P1030328

P1030330

便利だけど、ホテルのビュッフェレストランは使わず、普通に駅ビル内の食事店に入りました。

今日はお疲れなので、おかゆにしました。

仙台駅ビル エスパス内のレストラン街にある「謝朋殿 粥餐庁」へ

『海老ワンタンのおかゆ』

P1030285

初めて入ってみたんだけど、女性客多し。ここのおかゆは白米&玄米ミックスでした。

実は、玄米はあまり好きじゃないのですが、でも美味しかったですよ。

次の日のランチも頂こうと思って行ったんだけど、すでに満席でした。

そして、翌日は部屋を変えて、仙台イーストのプレミアツインへ泊まりました。

プレミアツインへつづく・・・

| | コメント (0)

宮城県図書館へ行ってみた

宮城県図書館 原広司氏の建築だというので行ってきました。梅田スカイビルを建築した方です。

仙台駅からバス1本で行かれましたし、バス停の目の前だったのですぐわかりました。

P1030344

P1030346

P1030345

とても素敵な図書館で、とても広くガラスの壁が開放的です。

ありがちな事務的で殺風景な館内ではなく、しばらくここに居たいな~って思うような図書館です。

P1030385

P1030386

P1030394

ちょっと写真だとわかりずらいのですが、天井も波打ってます。

平日だけど、けっこう人がいました。

P1030405

こちらがメインの地形広場です。

なんだか映画のロケ地にもなったそうですよ。

P1030377

P1030361

広間の隣は林になっていて、こちらからは出られませんし、少し鬱蒼としてるので、何かが出て来そうで行こうとも思いませんが。(^^;

ただ、自然とうまく調和してる感じがしていて、とても素敵な空間になっています。

P1030383

P1030374

P1030367

P1030371

P1030379_20191218210201

この階段の向こうはカフェになっていて、こちらはほぼ満席に近い状態でしたね。

憩のスペースなんだんと思います。

学生よりも普通の大人の方の利用の方が多い気がしました。まぁ、平日だから学生は少ないよね。

こんな素敵な場所なら、カフェ利用のみで来るのもアリかな。。

P1030382

P1030406

この、この筒みたいの何だと思いますか?

P1030398

反対から見るとこんな感じ。

P1030388

私は今、宇宙船内部に居ます。(←ウソで~す)

P1030401

近未来的な筒の中は、どうやら、子供専用のスペースのようで、小さな子供たちが階段を上り下りしてキャッキャ騒いでました。

楽しいよね~。こんな場所があったら。

宮城県図書館は本当は、図書館全体が宇宙船のような形になってるそうですが、そこまでの写真は撮れませんでしたが、館内だけでも十分満足しました。面白かったです。^^

 

 

| | コメント (0)

仙台メディアテークへ行ってみた

  せんだいメディアテーク 

鉄骨チューブが面白いので仙台に行ったついでに見てきました。(UPするのが遅くなったので季節がずれてますが・・・(^^;)

仙台駅からバス1本で行かれました。

バス停からは次から次へと色々なバスが出てるのですが、どのバスに乗れば良いのかわからず、迷うのも嫌だったので、NAVIで調べた通りの時刻のバスをひたすら待ちました。(^^;

他のお客さんはどんどん乗車してるのに、私だけいつまでも乗車せずに残っているという。。。^^;

きっと、これだけ次から次へと出発してるから、どれかに乗っても着いたんじゃないか??と思うけど、どうなんだろ???

P1030266

P1030284 

一応、喫茶みたいなのもありました。

P1030271

P1030268

P1030283 

P1030280 

P1030278 

P1030277_20191209221501

ちなみに、写真撮影するのに許可がいるようで、案内所のところに申し出て、バッチみたいなのをもらってつけて撮影しました。

ぎふメディアコスモスに行った時もそうだけど、けっこう厳しいのね。

 

| | コメント (0)

菅野美術館

  菅野美術館 宮城県塩釜市 

前から行ってみたいと思っていまして、やっとこさ行ってきました。

なかなかめんどくさそうな場所だったので躊躇してましたが、行ってみるとそれほど複雑な場所ではなかったです。

最寄り駅は塩釜駅

P1030264_20191208202001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それほど小さな駅ではなく、駅前には一応、ロータリーがあり、タクシーも待機していました。

P1030263

 

 

 

 

 

 

 

 

ロータリーを抜けて大通りを左折してしばらく歩いて行きます。

P1030238

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030240

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく歩くと正面の角のおうちに菅野美術館の看板が出てるので、そこを左折します。

P1030241

 

 

 

 

 

 

 

 

少し坂道になっていますが、それほど大変な坂ではありません。

ここから住宅地に入っていきます。

P1030243

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく歩いていると右の駐車場に看板が出てるので右折します。

P1030244

 

 

 

 

 

 

 

 

まっすぐ歩いているとまた正面のお宅に看板が出てるので左折。

P1030247

 

 

 

 

 

 

 

 

またまた少し歩いていると看板が出てくるのでそこを左折

看板はここでおしまいですがもうすぐです。

P1030248

 

 

 

 

 

 

 

 

このハイツのすぐ先にあります。

P1030249

 

 

 

 

 

 

 

 

はい!到着です!

ちょっとお天気が曇ってきちゃったのであまり建物が映えませんが。(^^;

P1030251_20191208205301

 

 

 

 

 

 

 

 

ここが入口のようです。一応、車は2台くらい止められる感じですね。

P1030255

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030256

 

 

 

 

 

 

 

 

館内は白で統一されていました。撮影ができるのはここまでですが、

特に展覧会等の時期ではなかったので、お客さんも誰もいなくて、

なんとも不思議な空間でしたね。

とても小さい美術館でした。

P1030259_20191208205101

 

 

 

 

 

 

 

 

  P1030258_20191208205101

 

 

| | コメント (0)

カチョカヴァロ/ 吉田牧場

カチョカヴァロ/ 吉田牧場

吉田牧場、美味しいので何度か購入していますが、毎回美味しい^^♪

焼いて食べると、とろ~りと香ばしく。

でも、生のまま食べた方がミルク感たっぷりで、さらに美味しい!!

「焼くのがもったない」と思ってしまうチーズです。(^^)

    P1020640_1280x960

    P1020713_1280x960_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中の坊 瑞苑 3.

中の坊 瑞苑 3.

・夕 食

簡単な会席コースでしたが、お味はふつうに美味しかったです。

P1020885


P1020886


P1020889

P1020890


P1020898


P1020900


P1020902


P1020908


P1020912


P1020914


P1020917


P1020919


P1020924

・昼 食

普通の年配の人は早朝から張り切って美味しい朝食をとってるようですが、こちらの旅館はランチへの振替可なので、私はランチにしてもらいました。

場所は、旬彩猪名野のダイニングでの食事です。

0316115825619

おかずはこんな感じ↓

0316115846233

      0316122731460_2

振替ランチは、正直、おかずの種類が少なく、内容も私好みではありませんでしたが、まぁこんなもんかなと。

ランチへの振替ができただけでもよかったです。(笑)

以上、有馬温泉、中の坊瑞苑 宿泊記でした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中の坊 瑞苑 2.お部屋編

中の坊 瑞苑 2.お部屋編

エレベーターホールや客室フロアも全体的に落ち着いた静かな感じでした。

腰掛があるのが、良いですね。

P1020851


P1020850

ほとんど人とすれ違うこともありませんでした。

きっと年配の方が多いので、私とは行動時間が違うのでしょう。。。

P1020832

玄関も広くて良いです。

P1020823

お部屋も広めで明るいです。

P1020812_2

P1020810_2

可愛いミニ炭酸。。。下の売店でも売ってましたが。。

私は、なんだかんだ言っても、やっぱり大きい方が食べ出があるので、普通の方が良いかな~ (^^;

P1020845

P1020825


P1020829


P1020830

一応、スキンケアはミキモトコスメのようです。

P1020826


P1020827

P1020828

P1020833


P1020817

パジャマは希望すれば置いてもらえます。

P1020926

 

P1020819

P1020835

寝るとき以外はこちらでゆっくりと過ごしていました。

お茶もテレビもコンセットもあるから、こっちの方が便利なのだ。


P1020841

P1020846_2


P1020847_2


P1020848

窓からの眺望です。有馬温泉街のメイン通りが良く見えます。

P1020804

P1020808

そして、有馬温泉の夜は更けてゆく・・・

P1020928_2

中の坊 瑞苑 3.へ続く。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中の坊 瑞苑 1.到着編

中の坊 瑞苑 1.到着編

湯本坂から直接行けて、買い物にもバスに乗るのも便利なので、泊まってみました。

「金の湯」のそばにあり、湯本坂からホテル敷地内に入れるようになっています。

P1020162_2000x1500_2

↓こちらが湯本坂からの入り口。。。

っていうか、お庭や駐車場への裏口っていうのかな。。。

P1020855

むしろ正面玄関よりもこちらから出入りする人の方が多いようです。

P1020854

P1020853

P1020866

P1020869

湯本坂からの出入り口には、お庭やミニ稲荷??があったり、ちょっとした散策ができるようになっていました。

で、こちらが↓たぶん、本当の入り口だと思われます。何気に坂道に面してるので、大した距離じゃないけど、荷物が多いとそれなりにしんどい。。(^^;

P1020859


P1020860

さて、中の坊 瑞苑といえば、有馬では有数の高級旅館の部類でしょうか。。

お客さんはほとんど年配の人ばかりで、若者は全く見かけませんでした。

そーゆー私も年配ですが。。(*´v゚*)ゞ

0316125313513

0316125328228

が、、、チェックインの際、お客さんが多く、

ソファに案内されるのは早かったのですが、そうとう待たされました。(^^;

大型ホテルじゃないので、仕方がないとは思いますが、、、

ここで、一言「混んでるので時間がかかる」等、最初に言ってくれれば、待っている間の気分も少しは違ったのかな、と思いました。

私だけでなく、常連と思われるお客さんも待ちきれない感じで、隣で色々と言ってたり。。。。

話の行き違いがあったらしく引継ぎのスタッフが頭を下げてたり。。。。

ワカリマセン。。

・ラウンジ

この左奥にテーブルなどがあり、フリードリンクを頂けるようになっていました。

P1020870

P1020871

P1020872

・温 泉

さて、楽しみにしてた温泉です。

中の坊瑞苑の温泉は、金泉・銀泉、両方とものんびり楽しめるそうです。。

入口には、休憩所と合わせて枕を選べるところがあり、寝る前に自分にあった好きな枕を選べます。

これは良いですね!

P1020884

湯上りの休憩所

P1020878


P1020877

P1020876

そして、やっぱりフリードリンクと缶ビール!

風呂上りにはうれしいサービスですね。^^ 

P1020875


P1020880


P1020879

脱衣所は、広めにとってありますが、パウダールームは少な目かな。

でも、お客さんもそれほど多くはなかったし、夕飯の時間はかなり空いていたので、混雑することなく使えました。

P1020874

P1020873

一つ目の大浴場は仕切りアリです。

写ってませんが手前にもいくつかのカランがありました。

で、手前ではなく左奥の小さなお風呂が温泉になっています。

Dsc_0063

ちなみに、「爽泉」↓は、湯気がもうもうとして撮影しても真っ白になってしまったので、綺麗な写真は中の坊瑞苑のHPをご覧ください。。(^^;

こちらは、すぐお隣なので、タオル1枚のまま、どっちも行き来できるようになっています。

Dsc_0068

中の坊 瑞苑 2.へ続く。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ヴァルタレッジョ・アル・タルトゥーフォ